古代・中世の名手を現代に 和楽器ワークショップ2014年05月28日 14:50

先日、ニューヨークのコロンビア大学ミラーシアターで開催された演奏会を日本で初公演することになりました!
雅楽の管楽器である龍笛( りゅうてき)、篳篥( ひちりき)、笙( しょう) と
コンピューターによって綴られる悠久の時の流れの中を光宇宙へ旅する、幽玄の世界。
是非お越し下さい!

『古代・中世の名手を現代に 和楽器ワークショップ』
日時:2014年6月14日(土) 13時半開演
場所:紀尾井ホール 小ホール
主催:コロンビア大学 中世日本研究所(米国NY)
--------------------------------------------
【雅楽】
現在の最前線で〜コンピューター音楽との邂逅
“Five Movements on Modulations” (2014) 日本初演
作曲:高岡 明/レーザー・光演出:田中 敬一
--------------------------------------------
当日は一流の楽師による古来の雅楽の演奏、解説が行われます。
上記の演目はワークショプの後、16時頃からを予定しております。

事前配布チケット( 無料) が必要です。
田中 敬一(ktnk@art.tamagawa.ac.jp) までご連絡ください。
※6 月6 日( 金) まで

【紀尾井ホール】
http://www.kioi-hall.or.jp/

【K-one space】
http://www.ne.jp/asahi/k-one/space/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://light.asablo.jp/blog/2014/05/28/7327762/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

<< 2014/05 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

光を造形演出表現の手段として、アートのみならずファッション、環境、教育の分野まで展開しているユニークな活動を紹介。

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS