教室の幻想世界2006年03月05日 15:46

四中「光の庭」読売新聞

2006年3月4日(土)、5日(日)東村山市立第四中学でインスタレーション
作品「光の庭」が公開された。

この作品は光・環境造形作家/田中敬一が四中の生徒に自然や緑の素材を使った作品制作指導をとおして、緑を大切にする心の原風景を印象づける
ことを目的に開催された。

会期中は、多くの市民とともに東村山市長ら市の環境に関わる関係者も鑑賞に訪れ、光の幻想世界に変わった教室に見入っていた。

新聞各社、テレビ局などの報道メディアの取材もあり、学校行事から行政をも巻き込んだ地域社会イベントとしての拡がりがみられた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

※トラックバックの受付件数を超えているため、この記事にトラックバックを投稿することができません。

<< 2006/03 >>
01 02 03 04
05 06 07 08 09 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログについて

光を造形演出表現の手段として、アートのみならずファッション、環境、教育の分野まで展開しているユニークな活動を紹介。

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS